131009_Title.fw 131009_MountLine.fw

TOP > 2015年 5月 5日

2015年5月5日 恐山街道ヒルクライムコース (書いた人:佐)

DSC02602_960px150dpi

5月5日。ヒルクライムの練習に利用する恐山街道をレポート。


42km_osorezan-yagen_Climb_960m

コースはこのとおり。
県道4号線と国道338号線が交差する跨道橋の上、山側の端っこからスタートし、
大きく2つの山を登るヒルクラコースです。
獲得標高は約960mですが、登坂区間は合計で20kmくらいあります。
岩木山チャレンジヒルクライムに似てるけど全然ちがいます。
あちらは後半、休むところないから。


DSC02668_960px150dpi

恐山街道は、道路脇(写真は左)に石塔や地蔵様が点在しています。
これには漢数字が彫ってあり、これは「九拾八丁」とあります。
長さの単位「丁」は、だいたい109mくらいだそうです。


DSC02697_960px150dpi

電光掲示板によると、現在の気温は17度。暑すぎなくて良い。


DSC02751_960px150dpi

二又。


DSC02760_960px150dpi

なが坂の里。


DSC02888_960px150dpi

この看板を過ぎた坂からが本番です。標高約100m。


DSC02900_960px150dpi

右にある楽しげなお屋敷に気を取られている場合じゃないよ。


DSC02907_960px150dpi

松山の坂。少し長く続くので我慢しましょう。


DSC03005_960px150dpi

「七拾丁」の石塔。だいたい3km地点です。


DSC03077_960px150dpi

出ました「11%」の坂。


DSC03125_960px150dpi

観光シーズンは大型バスも頻繁に通ります。この赤いのは地元のバス会社。


DSC03154_960px150dpi

「8%」の坂。


DSC03211_960px150dpi

「優良観察林」の看板。このあと少しツラい「一目三方」の坂が出現予定。


DSC03236_960px150dpi

「一目三方」の坂。右に小さな看板が見えます。


DSC03258_960px150dpi

「五拾五丁」の石塔。だいたい4.7km付近。


DSC03284_960px150dpi

「一本杉」。だいたい6.5km付近。標高は250mくらい。


DSC03416_960px150dpi

「冷水」到着。だいたい7.7km地点。
タイムトライアルの一つ目の計測ポイントまで、ここから約4分くらい。


DSC03445_960px150dpi

「10%」の坂。


DSC03610_960px150dpi

この看板が見えたら、第一計測ポイント近し。


DSC03614_960px150dpi

左に行くと「釜臥山展望台」のこのT字路が第一計測ポイント。
スタートから約9.2km、標高約360m。 ここまでで25分切れるとかなり速い、そうです。


DSC03626_960px150dpi

引き続き「釜臥山パノラマライン」突入。


DSC03641_960px150dpi

さっきまでのつづら折りとは違い、見晴らしの良い長い坂が多い。


DSC03687_960px150dpi

バイクも多い。


DSC03737_960px150dpi

先が見えねーよ。


DSC03907_960px150dpi

だから先が… とか言う気力もなくなる。


DSC04104_960px150dpi

ということで「恐山展望台」到着。駐車帯から宇曽利湖が一望できます。


DSC04148_960px150dpi

そしてすぐに「むつ湾展望台」到着。ここが一番標高が高いか。
むつ湾とむつ市内が一望できます。ここが第二計測ポイント。
スタートからだいたい12.3km、標高約590m。
第一からここまでは、速い人なら12分くらい?でしょうかね。
恐山の一番上の展望台施設までの道は、まだ閉鎖中だったのでここで引き返します。
約6km、400m弱も下るので、上着を忘れずに。


DSC04243_960px150dpi

さて、第一計測ポイントまで引き返したら、今度は恐山菩提寺方向へ向かいます。
まだまだ下り。


DSC04245_960px150dpi

なんとなく「12%」と書いてある気がしますが、
見なかったことにします。どうせ今回は登らないし。


DSC04365_960px150dpi

この「拾参丁」の石塔から登った付近の地面斜度がなんかおかしかった気がしますが
やはり見なかったことにします。。。


DSC04378_960px150dpi

開けたところに出ると、そこが霊場恐山菩提寺のある場所です。


DSC04390_960px150dpi

しかし恐山菩提寺には寄らず、この青看板のあるT字路を「薬研」方向へ右折します。


DSC04414_960px150dpi

急に車通りが少なくなります。


DSC04479_960px150dpi

またここから登ります。


DSC04698_960px150dpi

走るならまだ明るいうちにしましょう。あと、できれば熊除け鈴を鳴らしながら走りましょう。


DSC04809_960px150dpi

もう人工物が出現しなくなりました。


DSC05276_960px150dpi

ここが2つ目の山の頂上です。
スタートから約26km。標高約480m。


DSC05295_960px150dpi

あとは下るだけですが、ここから道がちょっと悪くなります。
まちがって滑ってフライハイでもするともう谷底に落ちて
何ヶ月も発見されない可能性がありますのでご注意を。


DSC05479_960px150dpi

アスファルトが割れてたり鋭い小石が落ちてたりします。
こんなところでカットパンクなんかしたくない。


DSC05728_960px150dpi

と、いうわけで薬研まで降りてきました。
ここを左折すると薬研温泉郷です。足湯や喫茶店もあったと思います。が、今回は右折。


DSC05903_960px150dpi

しばらく走ると「幹線農道 兎沢-小目名線」という
青い看板のある橋を渡るので右折します。


DSC05927_960px150dpi

このMINISTOPのある交差点がゴールです。おつかれさまでした。
スタートから約40km、獲得標高約960m。
今回は恐山街道から宇曽利湖を抜けて大畑まで降りてきましたが、
恐山の2つの目の頂上で来た道を引き返せば、
さっき見て見ぬふりをした12%の坂、通称「湯坂」を味わえる、らしいですよ。。


おわり